​彩京前線とは

私たち彩京前線は

京都の大学生で構成されたよさこいサークルです。

「楽しく真剣におどる」

「感動させることに感動する」

「奇跡を感じ、笑い合う」

をコンセプトに掲げ、

普段は鴨川のほとりで練習を行い、

地元京都や大阪、神戸、名古屋などの

お祭りに参加しています。

オリジナル演舞とは

私たちが1年間を通じて踊る演舞は

​毎年、運営に当たる代のメンバーが

テーマ・曲の構成・衣装のデザイン

・道具・振付などを

1から自分たちで考え、

創り出したものです

演舞の作成は毎年11月~5月ごろまで

半年間かけて行われ

夏~秋のお祭りで披露しながら

更に良いものにするための変更を加えていきます

毎年、作成代の個性が現れる

オリジナリティに富んだ作品が作成されます

​歴代演舞はこちらから

京炎 そでふれ! とは

「京炎 そでふれ!」とは、

京都学生祭典を発祥とした

踊りのジャンルのことで

京都らしさを取り入れたものです。

京都には彩京前線を含めた

13の「京炎 そでふれ!」チームが存在し

チーム個別での活動のほか

全チームが共通して踊ることのできる

京炎 そでふれ! スペシャルバージョン

​を通じて合同でお祭りに参加するなど、

交流を行っています。

​練習日程・練習場所

毎週火曜・木曜の18時から21時

出町柳周辺の河川敷にて

主に活動しています

お祭りの直前になると

​土日の練習も行います

出場するお祭りは

8月~10月にかけて4回

11月~3月にかけて4回ほどですが

​各メンバーが参加するかを

自由に決めることができます