​2020年度演舞

​彩儚(はなむけ)

「荒れ狂う 京の都に 華は」

今年のテーマは”墨染の桜”

墨染の桜とは、

平安時代、都で権勢を誇った藤原基経が亡くなった際

友人の歌人・上野岑雄(かみつけのみねお)が

「深草の

  野辺の桜し 心あらば 

   今年ばかりは 墨染に咲け」

と詠んだ際、

墨染色の花が咲いたという言い伝えに由来します。

悲しみを乗り越えて

前へ進もうとする上野岑雄の心情と

それを象徴する桜が夜空に映える様子を

演舞で表現します。

~儚さを越えててゆけ~