写真提供:Zipangu Massa様

http://blog.livedoor.jp/watabe_masaki2/

​2010年度演舞

​彩炎(さいえん)

今年のテーマは、「命の力強さ」を
「五山送り火」を通して表現するというもの。

 

五山送り火は盆の終わりに行われる
京都伝統の行事である。
お盆には亡くなった人達が
現世で縁深かった者に会いに

この世に帰ってくるとされており、
 

お盆の終わりには
再び別れの「けじめ」として、

また死者があの世へ帰る道を
照らす「示し」として、

そしてこの世に生きる者達の
生命の「輝き」として、

 

京都を囲む五つの山に『送り火』を灯す。


「彩炎」では、この送り火の行事をなぞり、
作品として表現している。