img635.jpg

​2009年度演舞

​彩雷(さいらい)

今年の彩京前線のテーマは、かの有名な菅原道真。
 右大臣として栄華を誇るも、大宰府へと左遷され、京都に戻ることなく死に至る道真。彼はその怨みから雷神となり、京都を襲います。しかし、北野天満宮の建立により彼の怨みは鎮められ、京都に再び繁栄が訪れます。

 京都らしさを取り入れた曲・衣装・振り、そしてこのストーリー性にも注目してご覧ください。

↓09年 こいや祭りより
緑とピンクの色鮮やかな対比、活き活きとした笑顔と声、
雷神での衣装チェンジなどの見所にも注目してご覧ください。