​2021年度演舞

​彩暁(あかつき)

「神代を憂い 天つ日翳る」

 今年度の演舞テーマは「天岩戸伝説」

時は神代、遙か古の物語。

暴風の神・須佐之男命(スサノオノミコト)によって

荒廃した天界・高天原。その惨状を嘆いた

太陽神・天照大御神(アマテラスオオミカミ)は

岩に隠れ、神々は太陽を失ってしまいます。

八百万の神々が太陽を導き、

光溢れる未来を臨んで舞う神代の舞を、

踊る楽しさ・大切な仲間との絆を重ねて

振り・衣装・道具・曲それぞれに数多の工夫を施し、

楽しげに、神聖に表現します。

~明けぬ夜はないと信じて  再び臨むは光溢れる未来~